ベジママは妊娠中は飲まない方がいいの?

ベジママは妊娠中は飲まない方がいいの?

ベジママは妊活サプリとして話題となっていますが、ベジママを服用していて妊娠した場合ベジママの服用はやめたほうがいいのでしょうか?

 

葉酸は妊娠中も大切な栄養素

 

葉酸は妊娠初期に必要不可欠な栄養素です。これは厚生労働省から妊娠中の推奨摂取量がきちんと出されていたり母子手帳にも記載されています。
この理由は葉酸を摂取することで先天異常のリスクを低減させるということが報告されているからです。

 

そして近年食生活の自由化により、昔に比べ食物摂取の個人格差が広がり葉酸の摂取が不十分な人が増えているため近年さらに葉酸の摂取が推奨されています。
ベジママには厚生労働省が一日の摂取を推奨している400ugが配合されているので妊娠中も続けて服用していくべきだと言えます。

 

血糖値を下げるピ二トール

 

ベジママに含まれているピ二トールは血糖値を下げる効果があると言われている新成分。妊娠中に気をつけなければいけないのは妊娠中毒症などの発症。これの原因は血糖値の上昇の為、定期健診で行われる血液検査では血糖値の数値を定期的に調べています。

 

なので血糖値を下げるピ二トールは妊娠中の体にも必要な成分なので、積極的に取り入れなければいけません。

 

抗酸化作用をもつルイボス

 

ルイボスティーはビタミンやミネラル、活性酸素を分解する酵素を含みノンカフェインである事から妊娠中も安心して飲めるお茶として人気です。

 

高い抗酸化作用をもつことから免疫力の上昇が期待できますし、ビタミンやミネラルが豊富なので栄養バランスも整えてくれます。妊娠すると免疫力が低下しがちなので、ルイボスは妊娠中も重要な成分になっています。

 

妊娠中も引き続き服用できるベジママ

 

妊活向けのサプリとして宣伝されていますが、ベジママはもちろん妊娠中にも必要な成分がたくさん含まれており、その成分を一度に摂取できるので妊娠中も引き続き服用可能なサプリであると言えます。

 

妊娠中は悪阻や精神面の不安など様々な問題が起こり幸せな半面大変なこともあります。特に悪阻中は食べられるものが制限され、必要な栄養素をきちんと摂る事はとても難しい事ですよね。ですので水だけで飲めるサプリで栄養素を補えるのはとても嬉しいことです。

 

またベジママは必要な栄養素が全て詰まっていますので、栄養素別にサプリを購入し沢山のサプリを服用する必要性もないのでとても便利です。

 

公式サイトから購入すると安心の全額返金保証制度が受けられ、初回限定でも50%OFFで購入する事が出来るので試してみたい方はお得に購入してみてくださいね。

初回限定価格は半額の2750円!